せがわやすお

また作家さんのはなし

言わずと知れた日本の大家せがわやすお。

わたしが赤ちゃんのころ、お母さんがもうねんねのわんちゃんをブランケットに描いてくれて、すごいかわいくてお気に入りだった。〇〇ちゃんももうねんねって名前入れて。

姉の名前だった。

 

「ふたり」は特に好きで、字が読めるようになってからもずーっと毎日読んでた気がする。文字全然ないけど。初めてのリトグラフなんだって。上手ねー。すごい躍動感があって、ねずみのすばしこさとか、猫の急ブレーキが子供ながらに身体に伝わってきた。セリフもいちいちおもしろい。じろり。とか。にたり。とか。

あとかちかちやま。絵がね、すごい。だれかがよんだ。とかも。デフォルメがすごい上手。でも花とかかわいいし、炎とかはリアルで細かい。動物ってほんとはあんな形してないけど、なんであんなに本物に見えるんだろう。ほんとに動いてるように見えるし、炎は熱い。わんちゃんはもふもふ。

屏風とか金箔に描いたらいいかも。絶対かっこいい作品できる。天国で是非。

 

ちなみにわたしの日本絵本作家三大神(なにそれ)

1せがわやすお

あまんきみこ

上野紀子

んー。せがわやすおとあまんきみこは絶対でしょ。あとは誰でもいいね。僅差だね。上野紀子はねずみくんが好きだね。あといわさきちひろね。水彩の神でしょうね。そら美術館立つわ。

いもとようことかね。超かわいい。ひたすらかわいい。なんですかあのちいちゃい子たちは。欲しい。ねこちゃんとか欲しい。てかねこちゃんになりたい。いもとようこのねこちゃんになってうさぎちゃんにだきつきたい。そして自分自身をなでくりまわしたい。

長新太とか田島征三とか五味太郎も好きだな。

あと中村道雄。木?あれなんていう画法なの。調べたけど忘れちゃった。木で描く絵。超すごいよ。

なんか相性良い作家っているんだろうね。あまんきみこといわさきとか。中村道雄も宮沢賢治の何冊かやってるし。

現実が嫌になると絵本とか絵を思い出してひたすらきゅんきゅんする。

ああ可愛い。

あれ。古い絵本ばっかりだね。時代がかわっても良いものは良いんだね。