読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

H大学A先生

青山先生っていう先生が、放送大学の教授にいるんだけど、。なんかたまたまチャンネル回してると青山先生見ることが多くて。なんでだろ。そして気づいたら軽くファンになっていました。

青山先生出てると見ちゃう。なんでしょう特に何かあるってわけじゃないんだけど。いや何かありすぎるのか。青山先生マジですごくて、オタク度が。半端ない知識の量でなんでも知ってるし、あとすごいのが青山先生どこでも行ってる。すごいどこまででも行ってる。歴史ある場所に行くならわかるけどその内部とかに、普通人が入れないようなところにすごい入ってる。舞台裏とか地下とか倉庫とか関係者以外立ち入り禁止!みたいなとこにめっちゃ入ってる。よく行けたなって。テレビってすごい。てか、そこに入るならね、テレビの力をもってしてなんらかの偉い人と偉い人の交渉でなんとかなるんでしょうけど、そこにかつて入ったことがあるかのような、もう全然知ってますみたいな、ここはよく来てますけどみたいにしゃべる。え、知ってんの?て思うもんね。何らかの歴史ある建造物の地下の何らかの装置とか、え、使ったことあんの?てぐらい知ってる。使い方とか。

あとすごいのが、基本的にオタクだからなんつーのかな、多分ひたすらに、ただひたすらにオタク度を極めてきたんでしょうね。生まれてから今まで。ずーっとお勉強してきて極めてしまった美学。だから多分先生とか向いてない。ぶっちゃけ。

美学とかね、仕事でもプライベートでも精通してるしわたしの人生の目的というかなんていうか。好きだからいっぱい学べることは何でも学びたいと思う。青山先生の半端ない知識量で毎度新しいことを教えてくれるからすごい勉強になるんだけど、いかんせんヘタ。ぶっちゃけ。見てないよね?青山先生この記事見てないよね? 見てないようなので勝手にぶっちゃけます。

基本的にガチで、耳ダンボにして、一切の集中力を持して聞いていないと、あのね、これね、青山先生ね、何言ってるかわかんない。決して滑舌が悪いわけではなく。すごいしゃべるのよ。だだだーっと。息継ぎをちょいちょいしながらべらべらべらーっと。30分ぐらい。30分ぐらいノーカットで(分からんけど)ブラブラブラーっと。しゃべるしゃべる。有り余る知識力をもってしてこれでもかと。

そこで我々はふと、気付く。30分。30分経ってふと、気付くのです。

この人は、なにを言っているのだろう。と。

本気で聞いてないと、30分無駄に終わるからね。まじで。え?で?みたいになる。なんて?みたいな。ぇ、終わった?て。なんだったんだろうあのふわふわーっとした時間わ。。。ほわわーん。。。

あれ、今気づいたけどわたしもそーゆうとこある。何言ってるかわかんなくなるやつ。

青山先生は、多分話してるうちに次から次へと知識が浮かんできて、あれも言わないとこれも言わないとってなって最終的に聞いてる側は何言ってるかわかんなくなってくるパターン。のやつ。だからちゃんと聞いてないと、講義の課題を念頭にしっかり置いておかないと、なんの話してるんだっけってなっちゃう。こっちが。あとすごいのは、30分ぐらいだーっとしゃべるんだけど、これ実は、聞き終わって一旦こっち側で整理すると、ぶっちゃけ5分ぐらいでしゃべれる。え、結局こういうことでしょって完結に述べられる。例えば、「ティッシュの箱は四角いですね。」ってゆうのを説明するのに原稿用紙1枚使う。かんじ。そんなかんじ。

青山先生の悪口みたいになっちゃったけど、青山先生大好きです。マジで放送大学通おうかなぐらい好きです。

弟子入りしたい。ずーっと話し聞いてたい。すごいよね。博士だね。わたしもがんばろう。やっぱり極めるっていうのは並大抵なことじゃないからね。勉強しよう。